分享

和风糕点,吃的不是食物是艺术

LensNews

查看每日最新内容发送关键词【n】,随机内容发送关键词【r】。

 

丨一个典故,一种艺术,一种心情,一种氛围。每一个果子一种韵味,让我们一起来品味这些来自福冈的情结。

春の宵(はるのよい)

丨春宵一刻値千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)という言葉があります。昔の中国・宋の文人、蘇軾(そしょく)の「春夜詩」にある一節、「春宵一刻直千金、花有清香月有陰」からの引用で、花は香り、月は朧(おぼろ)、春の宵は真に情趣があり、一刻が千金にも値する素晴らしい心地である、という意味です。また、大切な時や楽しい時、美しい時が、早く過ぎてしまうのを惜しむ気持ちも含まれています。春は、日が落ちるとたちまち夜となってしまう秋とは違い、
日が暮れてもしばらくの間、どこかなまめかしく、何となく心を誘われ、そぞろ歩きをしたい気分になります。その、暮れから夜への移ろいの一刻を切り取って、お菓子にしました。月明かりの夜空と桜の花が、混ざり溶け込んでいく様子を、あえて形は単純に、微妙な色のぼかしだけで表現しています。
丨静寂、深遠、優艶、幽玄、幻想的、神秘的…。
丨じっと見ていると、様々な言葉が浮かんできますね。

丨「春宵一刻值千金,花有清香月有阴」,理解了这首诗也就明白了这个和果子想要表达的心情了。

都の錦(みやこのにしき)

丨「見渡せば 柳桜をこきまぜて 都ぞ春の錦なりける」平安前期の僧で三十六歌仙の一人、素性(そせい)の歌にあるように、当時の京の都は桜の淡紅と柳の緑が、錦のように輝いていたと思われます。さらに菜種の黄色を加えた三色の煉切に、桜の花弁をひとひら散らして春の美しさを表現しました。色彩の組み合わせで季節を連想させるテクニックの一つですが、少し色合いを変えれば、 秋のお菓子にもなります。こういった色彩感覚は国によって違うそうですが、大事にしていきたいものの一つだと思います。

丨让我想到一景:泛舟墨绿色的湖中,岸边花红柳绿。樱、柳、菜花黄,三色相映,浪漫满怀!

 

香梅(こうばい)

梅の花はとても芳しい香りがすることから、匂い草(においぐさ)、香栄草(こうばえぐさ・かはえぐさ)などの、香りに因んだ異名も持ちます。そこから、紅梅にかけて「香梅」としました。ここまでしっかりと染めた濃い色を、ワンポイントではなく全体に使うお菓子は珍しいのですが、梅を表現する場合は特別で、伝統的にもよく見受けられます。お正月らしい華やいだ気分にさせてくれる鮮やかさです。

丨梅花的香气添加香蓉草,散发出怡人的香气。这款和果子以香气闻名,颜色华丽,非常能够体现新年的氛围!

 

解释的话就只放这三种,下面就和喵喵一起来欣赏各种花型的和果子吧。圣诞节、新年等节日专用都有,流口水啊~~~

(以上图片说明来自kaho-fukuoka官网)


是不是美到舍不得吃?

对了店铺的名称叫福冈

但是不在福冈呢?是不是觉得很神奇

热门推荐

天啊,来福冈不像当地人一样吃居酒屋就太亏了。福冈当地人气居酒屋10选,福冈孤独美食家再放大招。

福冈便宜又好吃的拉面,总有一家是你的心头好~

甜有100种表达,在福冈吃遍大街小巷才得到5家蛋糕工坊

更多精彩

都在APP里

请点击原文下载哦

深度日本俱乐部

(0)

本文由 相聚福冈 作者:janson 发表,转载请注明来源!

LensNews

热评文章

发表评论