分享

台风来了

 气象厅7日发布消息表示:预测大型超强台风“台风8号”将于8日上午以迅猛的威力接近冲绳县,因此可能将于今夜发布“特别警报”。“特别警报”是以去年8月开始的警报为基础导入的,在重大灾难的发生时,呼吁居民立刻避难逃生的最大限度的警戒。

 预报称,预计台风8号将于8日上午9点左右到达冲绳县宫古岛东南约80公里处,中心气压为910百帕,中心附近的最大风速为每秒55米,最大瞬时风速为每秒75米。在冲绳地区的中心气压低于910百帕或者最大风速在每秒60米以上的情况下将会发布“特别警报”。

 由于台风接近的影响6日开始持续大雨天气的九州地区,预计大雨天气将会持续到10日左右。沖縄・奄美以及九州部分地区需要严重警戒泥石流发生,需要提早准备应对措施。

 “台风8号”是十年一次的大型自然灾害,提醒大家一定要注意安全,尽量减少外出,在屋内安全的地方避难。

***************************************************************
 気象庁は7日、大型で非常に強い台風8号が8日朝から昼すぎに猛烈な勢力に発達して沖縄地方に最接近する見通しのため、7日夜にも「特別警報」を発令する可能性があると発表した。特別警報は昨年8月から警報の上に導入され、同庁と自治体が住民に直ちに生命を守る行動を取るよう呼び掛ける。
 予報では、8号は8日午前9時には沖縄県・宮古島の南東約80キロに進み、中心気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルと予想される。沖縄地方の場合、直撃時の中心気圧が910ヘクトパスカル以下または最大風速60メートル以上と予想される場合、特別警報が発令される。
 活発な前線の影響で6日から大雨となっている九州では、台風接近により10日ごろまで断続的に大雨が続くと予想される。沖縄・奄美と九州では土砂災害に厳重に警戒し、早めに対策を取る必要がある。

(0)

热评文章

发表评论

电子邮件地址不会被公开。