分享

福冈男生好福利,免费吃喝住还给钱!

什么?免费吃住?还给钱?真的假的?

回答是真的,而且还免费体检。感兴趣的继续往下看。


怎么回事? 

事情是这样的,日本有一款新药【治疗慢性阻塞性肺病】的,想申请在中国销售。而中国有关部门是需要临床试验数据才可以许可的。


所以他们想找一些中国男性进行试验。经过小编确认,他们已经完成了日本国内的试验。安全性已经得到验证,而且本次试验用量很小,只是测试几天药物能够排除体外。


中国人也许对于新药试验还不太熟悉,日语称治验,在日本很普遍的。因为日本医疗方面很发达,而且药物监管也很严格。小编也是再三跟这家公司确认过很多事项之后才敢介绍给大家的。




条件:需要是男生20-45岁之间,祖父母都是中国人。


试验1:

待遇:去医院住4夜5天+一次去医院  报酬:11万日元(买手机不用卖肾了)

日程:2016年10月23日(周日) 10:00 到 27日(周四)

去医院:2016年10月29日(周六) 10:00集合


试验2:

18晚19天+去医院1次   报酬:41万日元

日程:2016年11月9日(周六) 10点 到27日(周日)

去医院:2016年11月30日(周三)10点集合


试验场所:博多区正规医疗机构


另外不管是不是参加试验,都会获得免费体检机会。试验期间支付交通费,住宿免费,提供便当。


估计会有很多人心里犯嘀咕,到底靠不靠谱啊。他们为了大小大家的疑虑会在以下中华料理店请客并做详细说明。想参加的可以通过点击【阅读原文】直接报名。

或者直接发送以下信息到我们订阅号后台。


説明会参加希望日:

お名前:

電話番号:

生年月日:

WeChat-ID:


说明会时间地点:  

  1.   日 時: 

①平成28年10月11日(火) 午後21時00分~

場所:大明坦坦麺 楽市街道箱崎店(福岡市東区箱崎5-1-8楽市街道1階)

定員20名

     

②平成28年10月12日(水) 午後21時00分~

場所:大明坦坦麺 楽市街道箱崎店(福岡市東区箱崎5-1-8楽市街道1階)

定員20名

     

③平成28年10月13日(木) 午後18時00分~

場所:中国大明火鍋城 本店(福岡県福岡市早良区百道1丁目5−1)

定員30名

 

2.  参加費:   無料  说明会后有晚餐,可以喝酒,请不要开车

3.  参加条件:20歳~45歳 中国人男性(祖父母4位都是中国人)

※1人只限1次。




关于这个事情日本对其有严格的控制和管理,小编查了一些资料给大家一个初步的了解。当天可以对担当提出相应提问。




治験と臨床試験【治験とは?臨床試験とは?違いについて】

治験と臨床試験...それぞれの言葉の意味について、改めて説明していきたいと思います。


治験



治験とは「新薬開発」の為の「治療を兼ねた試験」を行うことです。承認される前の薬剤を、実際の患者さんや健康な方に使用してもらい、安全性と有効性(効果)を確かめ、いくつものデータを収集します。


治験を行うにはいくつかの規定があり、実施を行うまでには長い時間を必要とされます。長い時間を必要とするのは、その新薬が実際に医療で使えるようにするためです。医療で使われるということは、安全性や有効性(効果)がしっかり確かめられていることになります。


もしも厳しい規定なく新薬として医療で使われた場合に何事もなく安全性や有効性(効果)が得られれば良いのですが、その逆で副作用やそれ以上の危険性が伴った場合を想像すると怖いですよね。


そのため、国では治験に対して厳しいルールを定めていて、治験前にかならず厚生労働省にへの届け出が必要になります。


治験はどこで行われる?【規定・基準を満たした場所】

治験は病院で行われます。行う病院は、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」という規定に定められた、以下の要件を満たした病院だけが選ばれます。


●医療設備が充分に整っていること
●責任を持って治験実施を行う医師・看護師・薬剤師などがそろっていること
●治験内容を審査する委員会を利用できること
●緊急の場合には直ちに必要な治療・処置が行えること


条件を満たした病院や施設



治験を行える病院や施設は限られています。大学病院や大規模な民間の病院などで行われていることがほとんどです。製薬メーカーとしては莫大な開発を資金を投じるので、新薬開発のための治験を実施してもらう医療機関は慎重に選ばれます。


治験を行う製薬会社・病院・医師は「薬事法」という薬全般に関する法律と、この法律に基いて国が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(=GCP)という規則を守らなればなりません。


治験による身体への影響【安全性・副作用】

治験を受けるにあたって心配なのが安全性です。副作用などが出てしまったらどうしよう...と思うかもしれませんが、どうなのでしょうか?


まず、人間への治験を行うまでには綿密な試験を行われ、生体への安全性を確認してから治験に至ります。


治験には第1相試験(フェーズ1)から第4相試験(フェーズ4)まであり、第3相試験(フェーズ3)のあと厚生労働省に承認申請を行い、承認されると「新薬」として製造・販売されます。


第4相試験では製造販売後に広く使われたことにより第3相試験までに検出できなかった副作用などを調査します。


綿密な試験から販売に至るまでの流れ



★第1相試験(フェーズ1)


動物実験の結果を受けヒトに適用する最初のステップとなり、安全性を検討する上で最も重要な段階です。主に健康な方で行われ薬物の動態や安全性を検討します。


※薬物の動態とは吸収・分布・代謝・排泄についてなど
※安全性とは、副作用などの症状についてなど


★第2相試験(フェーズ2)


第1相試験の結果をうけ、軽度の患者さんを対象に有効性・安全性・薬物動態などの検討を行う試験です。有効性・安全性を確認しながら投与量を徐々に増量するなどし、用量反応性などを検討します。


★第3相試験(フェーズ3)


有効性・安全性を主な目的とした検証です。第3相試験ではこれまでの有効性を証明することを目的とし大きい規模での検証となります。


※実際にこの化合物を使用するであろう患者さんで行われます。


★製造販売承認申請


第1相試験から第3相試験の試験成績により、医薬品の製造販売承認申請が行われます。医薬品医療機器総合機構による審査を受け、承認されると医薬品として販売可能となります。


★第4相試験(フェーズ4)


製造販売後臨床試験です。実際に市販された後に広く使用されることにより、第1相試験から第3相試験までに予期できなかった有害事象や副作用を調査により検出するのが目的とされています。


★まとめ★


第1相試験から第3相試験の中で有効性・安全性についての検証が綿密に行われ、製造販売に至った後も終わった訳ではなく、世に出た後の調査として第4相試験で第1相試験から第3相試験で予期できなった副作用・有害的検出の調査が行われているということです。


新薬開発は永い月日をかけて調査が行われ今の医薬品が存在し、私たちのために生かされています。


治験を行っての安全性・副作用について



☆治験は安全性に対して最も注意が払われています!


厳しい試験を行なってきて、実際に人での治験に入るまでに安全性や副作用についての厳しい調査はされてはいますが、予期せぬ副作用や身体への影響についての注意や対応が払われています。


☆参加される方の安全性と人権を守るために


「厚生労働省が定めた医薬品の臨床試験実施の基準」に基いて行われています。


☆治験者には副作用や予期せぬ副作用などについての説明がされます。


治験参加者の方に詳しい説明することが義務づけられています。その内容を十分に理解した上での参加となります。


☆治験に参加した事で身体への不具合があった場合


治験に参加した事で何らしらの身体の不具合があった場合は直ぐに試験を行なっている医療機関へ申し出てください。試験担当の医師・看護師の方が適切な処置を行なってくれます。その他の万が一の健康被害・損失などに対する補償もされています。


☆治験途中で予期せぬ重大な副作用が起きた場合


治験途中で予期せぬ重大な副作用が起きた場合は、速やかに治験審査委員会と製薬会社に連絡がされます。治験の継続の可否につて審査され重大と判断された場合には国への報告が義務付けられ、治験の見直しが行われます。


免责声明:相聚福冈仅提供信息,参加者请自行判断是否参加,参加后有什么问题请于医疗机构协调解决,相聚福冈及相关人员不负任何责任。


报名请点击下面【阅读原文】

(0)

本文由 相聚福冈 作者:janson 发表,转载请注明来源!

热评文章

发表评论

电子邮件地址不会被公开。